勤怠管理はこれで万全!中小企業の「働き方改革」をサポートする「RocoTime Lite」

「働き方改革」を推進するには勤怠管理システムが不可欠!

国が提唱する「働き方改革」。超高齢化社会を迎えた日本が、競争力強化を図るため、業務の効率化や生産性の向上などを目的に、新しい働き方を遂行することが、これからの企業の大きなミッションになっています。「働き方改革」に関心はあっても、何からどう取組めばよいのか分からない…という企業が多いのではないでしょうか?最も重要なのは、会社として現状を把握することです。

国が推進している改革の共通キーワードは「労働時間管理」。2019年頃には改正労働基準法が施行予定です。時間外労働の上限規則への違反罰則も明記されるとのこと。フレックス勤務制度やテレワーク、時短勤務など、多様な働き方や複雑なシフト管理への対応も必要になっています。経営者と現場の責任者は、社員の勤怠をいかに効率よく管理するかを考えることが、自社の「働き方改革」を進める最初の一歩になるのではないでしょうか。

多様な勤務体系が増えてくる中で、正確に勤怠管理を行うためには、手書きでのタイムカードやエクセルなどの表計算ソフトでは対応が難しくなってきています。この問題を解決してくれるのが「勤怠管理システム」なのです。

「RocoTime Lite」なら、低価格・短時間で勤務状況を一元管理

ロココの勤怠管理システム「RocoTime Lite(旧Times Lite)」は、初期費用がかかりません。月額費用も低価格で、従業員の勤怠管理を一元化できる便利なシステムです。操作も簡単で、年間勤務カレンダーや社員マスタ登録、所定労働時間などを設定するだけ。

「36協定管理」機能では、残業が36限度時間超えとなった時に、本人への警告や上司へのアラートメールで報告してくれます。ICカードやPC,なりすまし防止の静脈認証などにも対応した打刻機能があるので、従業員はどこにいても記録でき、リアルタイムで出退勤のデータを把握、集計することができます。自動集計によって作業時間が大幅に短縮され、ミスも起こりにくくなります。また、集計にかかっていた人件費等のコスト削減にもつながります。オフィスだけではなく出先でも出退勤時間が記録でき、休暇や残業の事前申請も簡単になるので、従業員に負担がかかりません。操作はシンプルで、わざわざ研修を実施する必要もありません。

「RocoTime Lite」を活用すれば、効率的な人員配置をすることも可能です。また、勤怠データを従業員の業績評価や給与計算に利用することもできます。経営者にも従業員にもメリットがある「RocoTime Lite」。この機会に、導入の検討をしてみてはいかがでしょうか。「RocoTime Lite」についてご興味がありましたらお気軽にご連絡ください。お問い合わせはこちらから。

お問い合わせはこちら