大企業と中小企業で変わる「勤怠管理改善のプロセス」

企業の規模によって異なる「勤怠管理システムに求めること」

勤怠管理は、企業と働く人の双方にとって、大変重要です。2019年に施行予定の改正労働基準法を見据えて、従業員の労働時間を正確に把握しながら時間外労働を適正化する取り組みは、企業の規模に関わらず必要になっています。

とはいえ、大企業と中小企業では、勤怠管理における課題と改善に必要なプロセスは異なります。大企業で課題となるのは、多様な就業形態や勤務形態への対応でしょう。「働き方改革」が進むにつれて、フレックス制度やテレワークなどの導入が促され、従業員の働き方が多種多様になってきます。従業員の人数が多いため、必要な機能がすべて揃ったシステムを導入し、就業規則や各種ルールに合わせてカスタマイズしなければなりません。

一方、従業員の人数がそれほど多くない中小企業では、タイムカードやエクセルでの管理で間に合っているかもしれません。勤怠管理システムにコストをかけるメリットがあるのか、悩む企業も少なくないでしょう。しかし、タイムカードでの管理は、打刻できる場所が限られる上にリアルタイムで状況を把握するのが難しく、管理工数がかかるのが難点。エクセルでの管理は、手作業による入力・集計ミスが発生しやすいのが懸念点です。複雑なファイルを使って属人的に運用している組織は、管理担当者が変わると、引継ぎに時間がかかってしまいます。

それぞれの課題をクリアする「RocoTimeシリーズ」

従業員人数が多く、働き方が多種多様な大企業には、ロココの勤怠管理システム「RocoTime(旧Times)」がおすすめです。「RocoTime」の一番のメリットは、機能が充実しているのに、インターフェースがシンプルで操作しやすいこと。直感的に入力方法がわかるので、分厚いマニュアルを熟読したり、わざわざ研修を実施する必要もありません。さまざまな端末から打刻できる機能や、36協定管理に基づく勤務超過を未然に防ぐアラートメールなども搭載。英語にも対応しています。開発したエンジニアが、導入から運用まで一貫してサポートする体制も整っています。

中小企業には初期費用がかからない「RocoTime Lite」がおすすめです。導入フローがシンプルで、運用開始まで最短5営業日という速さも魅力のひとつ。必要な機能だけを選りすぐっているので、管理担当者が変わってもスムーズに引継ぎができます。ICカード(FeliCa規格)やスマホからの打刻も可能で、業務終了時刻に即座に対応することができます。なりすまし防止の静脈認証にも対応しており、不正のリスクも防げます。

企業が抱えている課題によって選べる「RocoTimeシリーズ」。ご興味がある方は、お気軽にご連絡ください。お問い合わせはこちらから。

お問い合わせはこちら