社員の育成が飛躍的に進むタレントマネジメントシステムの魅力

個人の能力を可視化するタレントマネジメントシステム

少子高齢化、転職の増加などの社会的要因により、年を経るにつれて労働力の確保が難しくなっています。現在の課題は「有能な人材の獲得」から「自社の人材の力を見極め、いかに育成・活用していくか」にシフトしています。激しい市場競争に対応するため、現場のニーズに最適な人材の配置・開発は最重要課題となっています。

そこで、急速な広がりを見せているのが「タレントマネジメント」という概念。経歴などの「人事」情報ではなく、経験やスキルなど変化する「人材」情報を可視化し、有効活用することで企業力を向上させようという考え方です。

タレントマネジメントシステム導入により、一方向からの評価ではなく、多方面から判断をすることで適材適所の実現が可能になります。個人の力を最大限に引き出す機会となり、隠れた才能が発見され、新たな人材発見の可能性も高まります。潜在能力を企業の資源として活用することで、企業の競争力アップに大きく貢献する事例が増え、にわかに注目されているのです。

「RocoTalent(ロコタレ)」で叶う3つの効果とは

ロココのタレントマネジメントシステム「RocoTalent(ロコタレ)(旧Gemini)」は、多面的な人材に関するデータ分析を行い、社内の人材情報を強力に可視化し、問題解決に結びつけるデータドリブン型のマネジメントシステムです。

「RocoTalent」は、以下のような課題を解決するのに、最適です。
・管理職が定性的に掌握しがちな社員情報の「見える化」を図りたい
・個々の社員の能力=タレント情報を多角的・多面的に分析したい
・次世代人材の選抜・育成を図るためのシステムを開発&導入したい
・部署や職種ごとに最適な人材モデルを定義し、評価や育成に活用したい

「RocoTalent」を導入することで、3つの効果が期待できます。

1.計画的な人材の育成

経験やスキルの把握により、その人に合った教育が可能になります。能力の方向性が可視化され、最適な教育を実施することで、高い能力をもつ管理職や、近年注目されている次世代リーダーなどの幹部候補を計画的に育成することができます。

2.社員のモチベーション向上

可視化された情報をもとに的確なアドバイスを実施し、各社員の目標設定をスムーズに行えるようにします。評価基準が明確になり、正しい評価を与えられることで、社員のモチベーション向上が期待できます。

3.人事業務の効率化

「RocoTalent」を導入することにより、エクセルなどで管理していた社員の情報をシステム上で一元管理できます。社員のタレントステータスを可視化する「プロファイル・タレントカルテ」機能や、得たデータを総合的に分析し、適材適所の部署異動などに役立つ「人材詳細検索」「人材最適配置」「後継者計画」機能、的確な採用計画に繋がる「採用モデリング」機能などを同一システム上で管理。これまで複数の仕組みで管理していた煩雑な作業が、シンプルでスムーズになります。

「RocoTalent」についてご興味がある方は、ぜひロココの製品ページをご覧ください。

お問い合わせはこちら