タレントマネジメントシステム導入のメリット

急速に広がりつつあるタレントマネジメントとは?

最近よく耳にする「タレントマネジメント」という言葉。だいたい理解しているけれど……という人事担当者も多いのではないでしょうか。社員の個人情報、経験やスキルなどを把握することで、その能力を最大限に生かせる適材適所の配置や、効果的な育成を行うタレントマネジメントは、大企業を中心に急速に広がりつつある取り組みです。

これをスムーズに推進するために導入する「タレントマネジメントシステム」とは、社員の情報をデータ化して一元管理する仕組みです。さまざまな情報を分かりやすく可視化することで、よりスピーディに的確な人材の開発や配置を行うことが可能になります。

人事の課題は「優れた人材を獲得する」から「限りある人材を育成する」へ

タレントマネジメントシステムが必要とされる理由は以下の2点があげられます。

1.経営環境の複雑化

企業をとりまく環境は、変化が激しく、ますます複雑になっています。顧客のニーズも多様化し、競争もグローバル化している今、勝ち抜く企業力をもつために、社員それぞれの能力を最大限活用することが必要不可欠となっています。そこで、社員の情報を一元管理し可視化できるシステムが必要なのです。

2.労働力の減少と働き方の多様化

少子高齢化などによる労働力の減少は社会問題にもなっています。新たな人材の確保が難しい現状では、すべての社員のスキルを無駄なく活用できる体制が必要不可欠です。また、契約社員や派遣社員、アルバイトなど雇用形態は複雑化しています。多様化する雇用形態を整理・把握し、限りある人材を上手に活用するためには、タレントマネジメントシステムで一元管理する体制を整備する必要があります。

これらの影響を受けて、人事の課題は「優秀な人材を獲得する」ことから「限られた人材を上手く育てる」方向にシフトしています。その実現のためには、自社にどのような社員がいて、どんな能力を持っているのかを、確実に把握しなければなりません。全社員のスキルや経験値、知識などを可視化し、それぞれの部署のニーズに合った人材の配置や育成は、激化する競争から企業が生き残るためにも最優先事項でしょう。

最大のメリットは「計画的な人材育成・能力開発」の推進

タレントマネジメントシステムは、「限られた人材の有効活用」を可能にするシステムです。必要な情報を集約、見える化して一元管理することで、効率よくマネジメントすることができます。タレントマネジメントシステムを導入することによるメリットと具体的な機能を紹介したいと思います。システム導入のメリットは、大きく分けると3つあります。

1.計画的な人材の育成と能力開発が可能になる

社員が持っているスキルや業務経験を的確に把握できるので、経営戦略に沿って計画的に人材育成を行えます。能力が高い社員に対して、効果的な研修を行うことで、最近注目されている次世代リーダーなどの早期育成も実現できます。また、新規の事業やプロジェクトを立ち上げる際に、限られた人材の中からスキルにあった人員配置ができるので、スピーディに事を進めることができます。

2.社員のモチベーションがUPする

一方向からではなく様々な面から、個人の能力を総合的に評価できるので、社員の目標や現状をふまえて適切なアドバイスを行えます。個人の目標設定もしやすくなり、社員のモチベーションUPと維持が期待できます。最大限に能力を活かせる環境を整えることができるので離職防止にも繋がるでしょう。

3.業務の効率化が図れる

今までエクセルや紙ベースで管理していた情報を、システム上で一元管理することができます。目標管理や採用、後継者計画などの機能を使えば、全てをひとつのシステムで管理できるので、今まで複数人で行っていた煩雑な業務もスムーズに行えます。人事情報管理に割いていた時間を大幅に効率化できるので、本来時間を使うべき業務に集中できるようになります。

社員の情報を強力に可視化、さまざまな局面で企業の決断を支援する「RocoTalent」

ロココのタレントマネジメントシステム「RocoTalent(ロコタレ)(旧Gemini)」は、導入のメリットを最大限に生かせる機能が備わっています。

・プロファイル・タレントカルテ機能

社員の資格や業務経験、人事属性の情報に加えて、コミュニケーション能力やスキル、過去の評価などもひとつの画面で確認でき、リアルタイムで社員のタレントステータスを見える化できます。

・人材詳細検索・人材最適配置機能

経歴やスキル、過去の評価など、多方面からの情報を組合せ、データドリブン型で必要な人材をピックアップできます。そのデータをもとに、能力にあった部署異動など、適材適所の人材配置に役に立つデータを提示します。

・後継者計画機能

最近注目されている後継者や次世代リーダーを管理する機能です。後継者や幹部になり得る人材の情報をデータベースからリストアップし、計画的な人材育成を後押しします。

・採用モデリング機能

持続して成果を出している社員のデータを抽出し、その共通項目を探し出すことで、必要な人材を定義します。それを採用モデルとすることで、効率的な採用プランにつなげます。

・目標管理

RocoTalentの目標管理機能にはワークフローエンジンが装備されています。現在使用している仕組みを乗せることができるので、既存のデータをスムーズに人材カルテの情報や分析と連携できます。

ロココのタレントマネジメントシステム「RocoTalent」にご興味のある方は、ぜひお気軽にご連絡ください。お問い合わせはこちらから。

お問い合わせはこちら