タレントマネジメントシステム「RocoTalent」でできること

「RocoTalent」の最大の魅力は「わかりやすさ」「活用しやすさ」

最近話題になっているタレントマネジメントは、自社の人材=タレントの技術や能力、ポテンシャルに関するデータを管理し、人材配置や採用戦略設計に活かす試みです。会社の規模が大きくなればなるほど、それぞれの社員の力を把握するのにパワーがかかり、情報を一元管理できるタレントマネジメントシステムが必要となります。ロココが提供しているタレントマネジメントシステム「RocoTalent(ロコタレ)(旧Gemini)」は、多角的なタレント評価ができる充実の機能、活用バリエーションの豊富さ、インターフェイスのわかりやすさが魅力です。

使いやすい「タレントカルテ」

最初に目を引くのが、「タレントカルテ」の使いやすさです。人事情報や経歴、スキルなどのプロフィールに加えて、人事評価や将来のポジション候補、留意事項などを示すフラグをひとつの画面で閲覧することができます。文字通り「見える化」を実現させたシステムだからこそ、人事担当者は採用や教育の戦略設計や施策立案にシフトすることができるのです。

優れた一覧性とともに、多様な検索機能も魅力です。組織・部署・入社年次はもちろん、評価、経歴、資質・スキル、ワークバランスなどをキーにした検索も可能。組織変更や新しい部署の設立時に、求められる条件を持った社員を簡単にリストアップできます。

「ハイパフォーマーを増やすには?」「後継者候補は?」…中長期的な組織戦略設計をサポート

タレントマネジメントシステムに求められるのは、データベースの使いやすさだけではありません。人材の最適な配置や、将来の組織づくりをいかにサポートできるかが重要です。「RocoTalent」では、社員のパフォーマンスや将来のポジションに対する適合性を視覚的に表示する機能があり、組織のパフォーマンスの最大化や、ポジションごとの後継者選定がスムーズに行えるようになります。社員ごとに推薦コメントや申し送り事項を残すこともでき、人事担当者や現場の責任者が異動した際も、引継ぎによる混乱を最小限に抑えられます。

「わが社でハイパフォーマンスを期待できるのはどんなタイプなのか」。多くの人事担当者が悩むテーマですが、「RocoTalent」を活用すれば、ハイパフォーマーの定義と人材の洗い出しが簡単にできるようになります。原石に足りないスキルを身に付けさせるための研修企画や、成果が出る人材の要件をふまえた採用戦略立案など、分析結果はさまざまな施策設計に役立てることが可能となります。

定期的な人事異動や組織編成はもちろん、中長期的な組織戦略のプランニングと推進にも貢献する「RocoTalent」。タレントマネジメントシステムの新規導入や、従来のシステムの改善を検討している方は、問い合わせやカタログダウンロードなどで詳細情報を入手してみてください。システム開発に携わったエンジニアより、貴社の課題や業務をふまえた提案をさせていただきます。

お問い合わせはこちら