Recruit

採用情報

2021年入社

クラウドソリューション事業本部

システムソリューション事業部

K.Ueda

現在の仕事内容を
詳しく教えてください

受託案件の開発を行っており、システム開発における工程のほとんどに携わっています。具体的には設計書の作成、プログラミング、単体テストや結合テスト、開発したシステムのリリースやリリース後の保守・運用まで行っています。
製造でプログラムが期待通りの動作を行ってくれた時やバグを解決できた時には、達成感や楽しさを感じています。バグの原因を探すことは根気が必要ですが、大変だからこそ得られるものがあり、日々勉強になっています。
設計書の作成では、お客様目線で使いやすいものになるよう意識しています。不具合発生時や仕様変更などの際には、その都度プログラムや設計書を修正していき、開発後はロココの検証環境やお客様先でテストを行っています。

円滑に業務を進めるにはプロジェクトメンバーとのコミュニケーションが欠かせないため、積極的に打ち合わせを行っており、認識の相違がないように細かく質問、共有をして理解度を一定にすることを心がけています。
開発したシステムが実際に世の中で役立っていることに、喜びや大きな達成感があり、この仕事でやりがいを感じる瞬間の一つです。その日々得られる達成感が自身のモチベーションアップに繋がっています。

ロココに入社を決めた理由

就職活動では、オファー型就活サービスを通してロココと出会いました。社名を逆から読むと「こころ(心)」というところに惹かれ、そこから調べていくうちに、ロココの多様な事業内容や製品に興味を持ち、もっと詳しく知りたいと思い、会社説明会に参加しました。
会社説明会では、はじめにオフィスの雰囲気の良さに惹かれました。そして人事の方による会社説明後、業務内容や1日のスケジュールなどのより具体的な内容を社員の方々と交流して話をする機会などがあったのですが、とにかく皆さんの人柄が良く、温かい方ばかりで、私もロココの社員として働きたいと思いました。
面接前や後は、人事の方が親切に対応してくださり、「人を大切にする」ということを感じ、より入社したいという思いが強くなりました。
新人研修はコロナ禍により、対面がメインとはなりませんでしたが、幅広く充実した研修内容を用意していただいたおかげで、配属後の業務に活かせる場面が多かったです。

オフの時の過ごし方について

コロナ禍の前は、カラオケや買い物に行くことが多かったです。カラオケは友人とはもちろん、歌うことが大好きなので一人カラオケにも頻繁に行っていました。
異業種の友人とご飯に行ったり、カフェで息抜きするのも好きで交流するたび良い刺激をもらっています。
今は家でも楽しめる、映画やドラマを観ることが多くなりました。
観たい作品が多い時は、複数のVODを契約していることもあります。日中はコーヒー、夜はお酒を飲みながら、好きな作品を思う存分観るというのが休日の楽しみです。
最近は韓国ドラマが好きで、現在視聴中のドラマはどれも韓国語です。字幕で観ているのもあり、頻出する単語は自然に覚えてきました。知っている俳優や女優の方が増えてきたので、偶然共演している作品を見つけると盛り上がります。他にも、おすすめに表示される作品を何気なく観てみると思っていた以上に面白くて、すぐに全話観終わることもあります。
ロココは有給の取得がしやすいため、連休を取って実家に帰省することもあります。
一人暮らしでも簡単にできそうな料理や暮らしのちょっとしたテクニックなど、久しぶりに帰ると勉強になることが多いです。

マイナビ2023
インターツアー