2021年2月3日 「医師の働き方改革」に対応する勤怠管理システム 「RocoTime for Doctor」をリリース

株式会社ロココ(大阪本社:大阪市中央区、東京本社:東京都港区、代表取締役社長 長谷川 一彦、以下ロココ)は、医師のための勤怠管理システム「RocoTime for Doctor(ロコタイム・フォー・ドクター)」をリリースしました。

■概要
継続率98.68%、幅広い業種/業界で採用いただいているロココの勤怠管理システム「RocoTime」シリーズ。その新たなラインナップとして、「医師の勤怠管理」に対応する「RocoTime for Doctor」がリリースされました。複雑、かつ多様な形態を持つ医師の皆様の勤務状況を、効率的に把握する事により、2024年に予定される「医師の働き方改革」に向け、労働時間管理の適正化に対応します。

「RocoTime for Doctor」サービスページ: https://www.rococo.co.jp/solution/hr/rocotime/rocotime-for-doctor/

■背景
2024年4月から、いわゆる「医師の働き方改革」として、勤務医の時間外労働時間が「原則、年間960時間まで」となり、医師の労働時間の管理や短縮が義務化されます。その対応は、「医師の勤務状況の把握、管理」を実施し、課題を挙げる事から始まります。課題を認識する事により、初めてその改善計画の立案が可能になる事を考えると「勤務状況の把握、管理」は、今から準備を進める事が推奨されます。その準備をサポートする勤怠管理システムとして、「RocoTime for Doctor」の開発に至りました。

■特徴
1.医師特有の勤務形態に対応
・当直、外勤、中抜けなど医師特有の複雑な勤務形態も登録可能
・医師に編集権限がある為、急な予定変更にも、都度申請、承認が不要
・勤務パターン登録、グループ登録機能で入力負担を軽減

2.入力の手間を抑えたシンプルな運用フロー
・予定通りの勤務実績を登録する場合、申請・承認の必要無し
・日々の申請操作は、プルダウンメニューより選ぶだけ

3.勤務状況をひと目で把握
・ダッシュボードで法律順守も一覧で確認可能
・予実実績の一覧確認により、全体の勤務状況の把握が可能、分析にも活用可能

■動作環境
Windows8.1: Internet Explorer 11, Chrome(最新バージョン)
Windows10: Internet Explorer 11, Chrome(最新バージョン)
iphone(iOS10~): Safari(最新バージョン)
Android(Android OS4.4~): Chrome(最新バージョン)

■RocoTimeについて
RocoTimeは、「導入前後の手厚いサポート」や、「月1回の機能アップグレードによる最新法令への対応」など、
”ユーザーの立場に立って開発された”勤怠管理システムです。シンプルなUIによる直感的な操作、
工数管理機能の搭載やバイリンガル対応UI、多彩なレポート機能など「多様な会社の多様な働き方」に
柔軟に対応し、これまで約10万ユーザーの方々にご利用をいただいております。

RocoTimeサービスページ:https://www.rococo.co.jp/solution/hr/rocotime/

ブログ

商品リリース情報や開発のブログを更新しております。


お申し込み・問い合わせは
こちら

ビジネスパートナー募集

ロココソリューションと連携していただけるビジネスパートナー様を募集しています。