勤怠管理システム選びは、実はココがポイント!~「RocoTime」が選ばれる理由

勤怠管理システムの導入や見直しを検討している企業様に話を聞くと、

 

のように費用や導入時期、機能の充実度に着目されることが多いようです。確かにそれらは大事なことなのですが、実際に導入した企業様の満足度が高いのは、実は「導入後の運用がスムーズなこと」だったりします。

RocoTime(旧Times)」が高い評価をいただいているのは、企業における勤怠管理の実情に沿って開発されたシステムだから。直感的なインターフェイスは、勤怠を入力する従業員が使いやすいだけでなく、「人事担当者が現場に説明しなければならないことが少ないため、導入やヘルプデスク業務が少ない」というメリットがあります。

特に人事担当者に満足していただいているポイントは以下です。

・操作性
・36協定管理
・マスタ履歴管理
・サポート体制
・各種マスタの履歴管理
・バイリンガル機能

 

各種マスタの履歴管理は意外と見落とされがちです。人事異動や組織変更がある際に、旧部署での勤怠管理を続けながら新しい部署における各種設定を進められるので、異動日当日の引継ぎ等の作業がスムーズ。従業員に承認者を選ばせることができるので、組織図の変更時期と勤怠管理業務を引き継ぐタイミングがずれる場合も混乱することなく勤怠入力と承認業務を行えます。

また労使協定で締結している36協定を年度ごとに設定できるのも、「RocoTime」が選ばれるポイントのひとつとなっています。

外資系企業や、外国人の社員やアルバイトが多い企業には、ログイン時に言語を選ぶだけで使えるバイリンガル機能が喜ばれています。

他にもこんないい点があります。

「Times」の開発エンジニアが直接担当するため、コールセンター等の一次受けで時間を使うことなくスピーディに対応します。

その方法に精通したエンジニアが担当し、お客様に手間をかけさせずに対応するケースが大半です。

通常のサポートの範囲内。

人事担当者や社員の負荷が大きく軽減されるのは、シンプルな操作性と機能の充実度の両立を追求した「RocoTime」だからこそ実現できるのです。勤怠管理システムの導入をお考えの企業様は、金額や機能などの基本的な条件に加え、運用後の業務コストを考慮することをお勧めします。

勤怠管理システムの導入をご検討の企業様は、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちら