残業削減や生産性向上を実現! 勤怠&プロジェクトのダブル管理で業務効率化を推進

生産性を上げるためには、残業削減だけでなく業務工数管理も必要

「働き方改革」が推進されるなかで、残業削減や生産性の向上に目を向ける企業が増えています。管理職による労働時間管理の徹底を目論み、勤怠管理のツールや運用を見直そうとしている企業も多いでしょう。残業時間を削減すべく、数値目標を立てて現場に守らせようとしている経営者も多いと思われますが、急速な方向転換に管理職が困惑しているケースも少なくないのではないでしょうか。業績アップと残業カットは相反する目標となるため、労働時間を一気に短縮すれば、部や課の売上目標達成が厳しくなるのは目に見えています。

残業を減らしたい、でも売上は伸ばしたい…これを実現するなら、業務上のムダを削減し、時間あたりの生産性を高める必要があります。想定される業務工数をあらかじめ登録し、実際にかかった時間を入れて分析することで、優先順位が低いタスクを削減したり、業務フローを改善したりするわけです。そこで、勤怠管理とプロジェクトなどの工数管理を同時にできるシステムを導入してはいかがでしょうか。ロココの「RocoTime(旧Times)」は、多機能とシンプル操作を両立させた使いやすい勤怠管理システム。週次・月次の勤怠管理がスムーズになるだけでなく、プロジェクトの工数を登録・管理する機能が標準で装備されています。

使いやすい勤怠管理システムなら、勤怠管理業務の負荷も軽減

タスクごとの業務工数を把握できれば、これから始まるプロジェクトのスケジュール設定にも反映できます。よくありがちなのは、プロジェクトの目標の実現を急ぐあまりに無理なスケジュールを組んでしまい、現場や外部パートナーの混乱によって却って工数が増えるケース。実際の業務工数の履歴が残っていれば、当初よりリスクを想定することが可能となります。

「RocoTime」が優れているのは、従業員の勤怠入力がシンプルで、勤怠管理業務自体の効率を上げられることです。マニュアルや導入研修を実施する必要がなく、ヘルプデスクの問い合わせ対応などの工数もかかりません。働き方改革の時代にふさわしく、フレックスタイム、裁量労働、非時間管理、シフト勤務、短時間勤務などさまざまな勤務形態に対応。システムログイン時にプルダウンで設定するだけで、英語で利用することができます。人事異動の際は、事前に異動先の部署を入力したり、異動後に前の部署の管理職に勤怠承認をしてもらったりできるため、組織変更に伴う勤怠管理業務の負荷が軽減されます。

使いやすい勤怠管理システムと業務工数管理機能のダブル活用で、残業削減や生産性向上を実現させましょう。「RocoTime」の仕様や機能などの詳細を知りたい方は、ぜひロココの製品ページをご覧ください。

お問い合わせはこちら