医師の働き方改革とは?2024年施行までに準備すること

医師の長時間勤務への対策として2024年4月に医師の時間外労働の上限規制が適用されます。いわゆる「医師の働き方改革」です。ここでは、この医師の働き方改革とは何か、2024年までに準備していくことについて説明します。

医師の働き方改革とは?

医師の働き方改革は「医師の長時間勤務や勤務間インターバルの短さなどを改善していくため医師の時間外勤務時間に上限をつける」というものです。
医師の勤務時間としては、2024年4月の施行時から例えばA水準に区分される診療従事勤務医は「年960時間/月100時間が時間外勤務の上限」となります。それに加え、「努力義務として連続勤務時間制限28時間」、「勤務間インターバル9時間の確保」、「予定された連続した休息時間中にやむを得ない理由により発生した労働に従事した場合に付与される代償休息」がセットとなっています。

2024年4月の施行までに準備することとは

2024年4月に医師の時間外労働の上限規制が適用されるまでに、時間外勤務時間が先ほどのA水準に区分される医師なら「年960時間/月100時間が時間外勤務の上限」となっている必要があります。病院管理者は、まずは各医師の時間外勤務時間の実態を的確に把握し、基準を満たさない医師に対する医師労働時間短縮計画を立て、実施していかなくてはなりません。これには病院管理者や医師の意識改革が必要です。しかし、医療現場を止めるわけにはいかず意識改革だけで勤務時間を減らすことが難しいというのは想像できるでしょう。

医師の時間外勤務を減らす方法の一つとしてタスクシフティングがあります。タスクシフティングとは医師の業務の一部を看護師や薬剤師など医療従事者に移管することです。ですが、これまで対応していなかった業務を行う医療従事者の教育やタスクシフティングによって医療従事者の時間外勤務が増加するようなことにならないよう、タスクシフティングを進めるにはPDCAを回しながら、医師、医療従事者ともに負担増にならないようにしていくことが病院管理者に求められていると言えるでしょう。

大事なのは実態の把握と法令を順守した勤務時間の管理

医師の勤務時間、そしてタスクシフティングによって業務が増える医療従事者の負担を把握することは、施行以前の準備段階だけでなく2024年4月以降にも必要と言えます。
しかし、実態の把握をする面で難しいのは、医師の勤務体系が所属病院の診療だけでなく、当直や自己研鑽、所属病院以外の勤務等、多岐にわたることです。これまで「所属医師に対して自医院での勤務時間の管理」をされていた医療機関はあるかもしれません。しかし、これからは各医師の所属病院以外での勤務時間も含めた勤務時間の実態の把握が重要となってきます。
また、時間外勤務の上限が決まっているため、月末に勤務時間の実態が把握できていれば良いという事ではなく、勤務状況がいつでも簡単に把握でき、しかも法令を順守した時間外勤務時間までの残り時間も把握できることが重要となります。

勤務時間の管理には専用のシステムを利用するという選択肢も

これらの時間管理はタイムカードやエクセルによる管理ではなかなか厳しいかもしれません。その場合、勤怠管理システムの導入を検討するという選択肢もあります。勤怠管理システムとは勤怠に関するデータ(従業員の出退勤時刻の記録、勤務時間や残業時間、休暇の申請・取得記録やシフトなど)を一括管理することのできるシステムのことです。
勤怠管理システムを提供する企業はたくさんありますが、医師は複数拠点での勤務など医師特有の勤務形態があること、また多忙なために医師が時間をかけずに簡単に利用できるシステムであることが重要となりますので、それに対応したシステムであるかを確認する必要があります。2024年に向けて、医師向けの勤怠管理システムを提供している企業もありますので、検討されてはいかがでしょうか。

ロココでは医師向けの勤怠管理システム「RocoTime for Doctor」を提供しています。勤怠管理システムの検討でお悩みがありましたらお気楽にご相談ください。RocoTime for Doctorの概要はサービスページからご覧いただけます。ご興味がありましたらご覧ください。


お申し込み・問い合わせは
こちら

お問い合わせはこちら