時代は顔認証!顔認証スマートロックが活躍するシチュエーションとは

顔認証とは顔の情報を読み取り、個人を識別できるシステムです。また、顔認証は非接触で認証ができるため、感染症対策になる点からも需要が高まっています。そのため、昨今ではオフィスの入退場管理や空港ゲートなどで導入されています。本記事では、顔認証スマートロックが活躍するシチュエーションやメリットについて解説します。

顔認証スマートロックとは?

顔認証スマートロックとは、人の顔を認証し本人確認の上、鍵を開けるシステムの総称を指します。

顔認証について

顔認証は生体認証(一人一人が持つ固有の生体情報を利用する認証)という認証方法の一つです。生体認証には顔認証の他に指紋認証、静脈認証や虹彩認証などがあります。顔認証をはじめとする生体認証技術は、企業の入退室や受付管理、高いセキュリティ機能が求められるシーンで幅広く活用されています。顔認証が一部の生体認証と異なる点は、非接触での認証が可能であるという点です。静脈認証や指紋認証は、デバイスにタッチして認証を行う必要があります。しかし、顔認証であればデバイスへの接触が不要であるため、手がふさがっている場合や感染症対策として利用できます。

顔認証スマートロックを利用するメリット

顔認証スマートロックの導入には、いくつものメリットが存在します。その代表例を以下にご紹介します。

①感染症対策に有効である:

顔認証スマートロックは非接触での認証、解錠が可能であり、デバイスの前に立つだけで認証が完了します。そのため、多くの人が利用するオフィスでの出入りなどは感染症対策の観点からもメリットがあるといえるでしょう。

②カードを持ち歩く必要がない:

顔認証は本人の顔で認証を行うため、カードを忘れてロックを解除できないというケースを防ぐことができます。また、カードは紛失によって悪用されるリスクがあります。その点でセキュリティ面からも顔認証は安心して利用できるサービスといえるでしょう。

③代理認証ができないため、なりすましのリスクがない:

従来のカードキーでの認証方法などは、カードキーを他の人に渡すと認証が可能となり、なりすましのリスクがありました。しかし、顔認証は「顔」」という個々人の持つユニークな情報で認証をするため、なりすましのリスクが相対的に低いといえるでしょう。

AUTH thru KEY資料ダウンロード

顔認証スマートロックの活用シーン

このような導入メリットが期待される顔認証スマートロック。続いて実際の活用事例について紹介します。

■オフィスの入退場管理

他人のなりすましによる入場を防止する、カードキーの紛失や再発行といった手間がなくなるなどのメリットがあります。

■スポーツジムなどの受付の無人化/会員認証

スポーツジムなどの受付で顔認証システムを導入することで会員認証の業務を効率化できます。深夜や早朝に営業を行う施設では、スタッフの確保が難しい時間帯でも営業が可能になったり人件費の削減を行ったりすることができます。また、会員証を紛失してしまうと再発行の手続きが必要となりますが、顔認証であれば紛失リスク自体がなくなるため、再発行手続きそのものが不要となります。

■見守りのための顔認証

介護施設では、入居者の安全を守るために導入されています。外部からの侵入防止、入居者の無断外出の防止など安全な施設作りに活用されています。

上記のように顔認証スマートロックを導入することで感染症対策やセキュリティの強化など様々なメリットがあります。顔認証スマートロックの詳細にご興味がある方は、ロココが提供するAUTH thru KEYの製品紹介ページをぜひご覧ください。


お申し込み・問い合わせは
こちら

お問い合わせはこちら